当日の流れ
● 前日までに予約しているとき  

「当日必要な持ち物」を確認して予約時間に「こもれび」へ
お越しください。

 
● 予約していないとき  
当日空きを「こもれび」に確認後、かかりつけ医で第4号様式
(病児保育事業利用連絡書)を記入してもらい「こもれび」へ
いらしてください。
 
● 診察後「こもれび」無理そう…  
はしか(麻疹)・はやり目(流行性角膜結膜炎)と診断がついたら、
お預かり出来ません。
医師の指示に従い、ゆっくりとお子さんと過ごしてあげてください。
 

予約なしに直接ご訪問いただいてもお預かりができませんのでご注意ください。

書類
第4号様式「病児保育事業利用連絡書」:かかりつけ医に記入してもらう
第5号様式「病児保育事業利用(変更)申込書:保護者が記入
保険証・乳児医療証
あしほ総合クリニック診察券
母子手帳
お薬(2回分)・お薬内容の記載された用紙
お弁当(症状にあった物・市販の物も可)
着替え(上下・下着各2枚程度・オムツの場合は5〜6枚程度)
水分・おやつ(乳児はミルク・哺乳瓶も)
ビニール袋 2〜3枚
手ふき・口ふきタオル(乳児はエプロンも)
保育中不足した、オムツ・ミルク(アレルギー対応なし)離乳食は用意してありますが
有料です。
*利用料減免対象の方は下記のいずれか原本をお持ちください。
  1. 生活保護世帯の方「保護証明証」
  2. 市民税非課税世帯の方「非課税証明書」
  3. 寡婦(夫)の方「横浜市寡婦(夫)控除のみなし適用通知書」
8:30 こもれび入室(感染・体調を考慮したお部屋へ)
検温
10:00 おやつ
11:30 食事・投薬
(病状に合わせた遊び・休息・安静こまめに水分補給いたします。)
12:45 お昼寝
15:30

おやつ・水分補給…お昼ご飯の量と病状を考慮しながら。

おやつやお食事は無理せず食べられるだけ楽しい雰囲気で。
16:00 病状に合わせた遊び・休息・安静
17:30 お迎え
保護者の方に保育日誌をお渡しし、1日の様子をご説明いたします。

朝8:30〜受付いたします。
   初回利用当日は、看護師の問診や利用手続きに時間がかかり、9:00を過ぎてしまうこと
   があります。

  朝はお忙しいと思いますが…
  初回利用では、安全に楽しく利用していただくために
  問診にご協力をお願いします。
お迎えの予定時間と誰がお迎えにいらっしゃる予定かお知らせください。
事前利用登録の後で受けた予防接種、感染した病気(おたふくかぜ・水ぼうそうなど)が
   ある場合にはお知らせください。
緊急連絡先や会社の連絡先などが登録時と違う場合は、必ずお知らせください。
(1) 保育料・その他の精算を1Fクリニック窓口にて行います。
(2) お迎えは 17:30 までに必ずいらしてください。
(3) 保育室での様子・翌日の利用の要否などスタッフがお伝えします。
 
延長保育はありません。
なお、事故・災害などのやむを得ない事情以外で遅刻された時は、
利用登録を抹消させていただくことがあります。
 
予定時間が早まる場合は、必ずご連絡ください。
18:00以降は、横浜市委託事業の範囲外になりますので、お受けできません。
  • 医療法人秋陽記念会あしほ総合クリニック 病児保育室「こもれび」
  • CONTENTS
  • HOME
  • 所在地
  • ご利用案内
  • ご利用方法
  • 予約
  • キャンセル
  • 当日の流れ

あしほ総合クリニック 重度心身障害児レスパイト ちいさなこかげ 医療法人 秋陽記念会