医療法人秋陽記念会あしほ総合クリニック 病児保育室「こもれび」
「こもれび」は横浜市の委託事業です。
横浜市病児保育事業

医療機関併設型病児保育室で、看護師・保育士が
病初期の段階からお子さまをお預かりします。
生後6ヶ月以降、小学校6年生までのお子様を
その養育者が仕事の都合や事故・出産・冠婚葬祭など、
やむを得ない事情で家庭での育児が困難な時期、
一時的に保育する事業です。

※利用には事前登録・予約などが必要です。

■お知らせ
新しく、利用当日必要となる保育記録と投薬(吸入)依頼書がダウンロードできるようになりました。
ご利用の際にダウンロードして頂き、当日記入してお持ち下さい。

※ダウンロードできない方は、当日こもれびにて記入して頂く為、少しお時間を頂きます。
ご理解とご協力をお願い致します。
H30.11月
病児保育室こもれび スタッフ一同
インフルエンザ流行時期にあたり

【こもれびでの規定】
発熱12時間以上経過してからの診断を有効としていますので、発熱12時間経過後、インフルエンザ迅速検査をお願い致します。
※他にお預かりしているお子さまもいらっしゃいますので、検査のご協力をお願い致します。
H29.11月
院長:田中 正顕
病児保育室こもれび スタッフ一同
重要事項12について

かかりつけ医の吸入支持と薬名が第4号様式に記載されていて吸入の薬を持参された場合に限り、こもれびで吸入することができます。
H29.11月
病児保育室こもれび スタッフ一同
  • 医療法人秋陽記念会あしほ総合クリニック 病児保育室「こもれび」
  • CONTENTS
  • HOME
  • 所在地
  • ご利用案内
  • ご使用前の大切な手続き
  • ご利用方法
  • 予約
  • キャンセル
  • 当日の流れ
登録時にご確認ご承諾いただく重要事項
あしほ総合クリニック 重度心身障害児レスパイト ちいさなこかげ 医療法人 秋陽記念会